マンション経営というのは土地活用になります

土地があるのであれば

土地があればマンション経営を意識しておくべきであるといえます。つまりは、そこにマンションを建てるわけです。相当にお金がかかることになりますから、自前で作ることができるのであればそれにこしたことはないのですが借金をする場合は厳しいです。しかし、それでもやる価値があるのがマンション経営になります。そこからずっと利益を生み出し続けることができる可能性があるからです。これはとても大きなメリットであるといえます。

マンションからの利益としては

マンションの利益というのは、要するに家賃になります。しかし、額面をそのまま貰うことができるわけではないです。それは実に当然なことであり、様々な経費がかかることになるからです。但し、税金の控除にもなりますから別に損をしているわけではない、というわけではありますから、極端に恐れることはないです。但し、キチンと借りてくれる人がいるのかどうか、というのはどうしてもポイントになってなってくることでしょう。そこが肝心です。

焦ることはありませんが良い時期というのはあります

すぐにやったほうがよい、という事業ではないです。マンション経営には良い時期とそうでないこともあるのです。ですから、よくよく検討してみるべき価値があることでもあります。どこでも良い、ということではありませんし、借りてくれる人が多いかどうかもよく調べる必要があります。特に恐れることは空室率であり、これをどうにかしないと後で確実に苦労することになりますから、基本的にはすぐにでも計算をしておいたほうがよいでしょう。近場の似たようなマンションの空室率を把握するのです。

マンション経営を行う場合、最初は大きな初期投資があるので全体としては赤字になりますが、給与所得と不動産所得の損益を合わせると、税務上赤字で申告することになり、節税ができます。