賃貸住宅から退去するとき、原状回復費用で敷金が戻らない?

敷金が戻るはずなのに

賃貸住宅から引越すときは、契約に違反するようなことはせずに普通に暮らしていたら敷金が返るはずですが、家主や不動産業者によってはなんだかんだと言いくるめて本来支払う義務のない費用を請求してくる場合があります。賃借人はある程度知識を持っておいたほうがいいですね。支払う義務がないのはわかっているけれども、面倒だから支払うという人も中にはいます。敷金で間に合わないから追加費用を、と言われているなら別ですが、敷金が戻らない程度なら、と。

争う人はなかなかいない

でも、面倒だから支払うってなりそうな相手だから請求されるってこともありますよね。敷金を返さないって言ってる相手に返させるのは、生半可なことではありません。抗議程度じゃあどうにもならないことが多そうです。相手はプロですから。でもそれでも膨大なエネルギーを費やして、手続きを踏んで声を上げてくれた人たちがいたから、国の敷金返還に関する指針が示されたりもしたんですよね。裁判だと長引くし費用もかかるから、ADRを利用するのもいいかもしれません。

ADRには強制力無し

敷金のADRは調停ですから、双方が合意して初めて解決となります。家主側にあくまでも敷金返還の意思なし、となったらどうにもなりません。ただ、むちゃくちゃなことをしているという自覚があれば、面倒だから話し合いに応じるとなるかもしれません。調停にも出てこないでまったく無視となる可能性もあります。あとは裁判となりますが、そこまでするかどうかは借り手次第となります。裁判の判決が出たら、事業者ですから返還されることはほぼ間違いないでしょう。

函館市の賃貸マンションは、快適で便利に暮らすことができる魅力があるので快適さを求めている人には最適です。