賃貸住宅の契約更新料と家賃、居住の権利の関係

契約更新料の意義とは

多くの地域では、賃貸物件に入居していると、おおむね2年ごとに契約更新料を支払うことになります。しかし、契約を更新したからといって、新たに結んだ契約期間内の居住の権利が保証されるというものではありません。なんと、契約更新して間もない時期に、取り壊してマンションにするから、などという理由で立ち退きさせられることもあります。ではなんのための契約更新料だったのか、ということになりますが、家主というものは、そうしたことにこだわらないものです。

契約期間内には家賃は変わらない

家主は強気でいてもそれで通る時代が長く続いてきましたから、契約更新料を受け取ってすぐ、契約期間内にもかかわらず、マンションに建て替えるから、などという一方的な理由で住民を立ち退かせることも普通にやっていました。ただ、契約期間内に家賃の値上げをする、ということはさすがにやりづらかったようです。契約期間内は、契約時の家賃が値上がりしないという保証がほぼ得られ、賃借人にしてみたら、それが契約更新料を支払う意義とも言えました。

家賃の値下がりが始まった現在は

以前は、家賃というものは上がり続けるもの、という雰囲気がありましたが、人口減少によって、現在は家賃の値下がりが始まってきています。そのため、契約更新料を支払って、契約期間内に家賃が変わらないという保証を得ても、以前ほど賃借人にとってありがたみがあるものではなくなりました。ただ、家賃の値下がり交渉は、いつやってもいいことになっています。同じ物件で家賃を値下げして賃借人を募集しているのを見つけたら、値下げ交渉をしてみてもいいかもしれません。

札幌の賃貸物件を探すに当たって気をつけることは、暖房費を考慮することです。家賃が安くても、場所によっては暖房費がとてもかさんでしまう場合があるので注意が必要です。