内装リフォーム済みの物件を貸し出すシステム

飲食店は味が勝負のはずだが

飲食店では料理の味や質が勝負のはずなんですが、店の内装とか立地とかも大きく売り上げに影響しますよね。郊外とか、住宅地の中とか、そうしたところなら、味さえ良ければっていうのはあるでしょうけど、駅前の繁華街となるとそうはいきません。今風のしゃれていて、洗練された内装であることが集客に大いに結びつきます。やっぱり統一感があっておしゃれな内装のお店だと、行ってみたくなりますもの。でも味一筋の店主が、そこまで考えるのってたいへんですよね。

専門家による内装が住んだ店舗

店主が内装の指示を出して、それから工事ってことも多いでしょうが、すでに専門家のデザインによる内装工事が済んだ物件を貸し出すっていう例もありますよ。そうした店舗を用意しておいて、店を出そうとする側は、そこから好きなところを選べます。内装とか考えるのが面倒って例も、中にはあるじゃないですか。店主は料理が得意な人であることが多いんですから。そういうときに、便利に使えるシステムだと思いますね。餅は餅屋に、です。

開店後もアドバイスを

貸し出す側は、安定した賃料を確保するため、店がはやるためのノウハウを随時伝えていくみたいです。店を出すときは、開店資金がかなりかかるものですけど、そのシステムでは改装費用もいらないし、毎月賃料を支払うだけで済みます。料理の味や質にだけ気を配っていればいいので、なにかと楽だと思いますね。集客のために改善すべき点は、プロのシビアな目でその都度アドバイスされるわけですから。初期投資がいらないっていうのは一番のメリットでしょう。

雑居ビル内にある店舗物件へ入居する場合、ビル内の他の物件の入居者に迷惑をかけないように気を配るのが社会的なマナーです。廊下や階段などの共有スペースの管理については事前に確認する必要があります。